こんにちは。
小学校・中学受験アドバイザー
受験フードマイスターの北方真起
です。

 

突然ですが
皆さんは、便秘で悩んでいませんか?

お子様はいかがですか?

 

 

最近は、子どもの便秘も増えているようで
整腸剤を服用するお子さんもいると聞いています。

 

特に、受験を控えているお子さん
ストレスなどの影響を受け
メンタル面から便秘になることもあるようです。
(その逆で、お腹をこわしてしまう場合もあります)

 

そんな、皆さんに、便秘に関する朗報があります!!!

 

 

 

この改善策のカギとなるのは・・・

 

「食事」と「水」の関係です。

 

受験食・勝負食には水が不可欠

 

最も重要なのが・・・

食事と食事の間を8時間 空けること

 

そうすることで
胃と小腸がお休みする時間をつくることができるようになり
腸の働きが活発化します。
(リラックスした状態だと、便を排出しようとする大ぜん動が起きやすくなります)

 

では、一日のうちに
いつ行えばよいと思いますか?

 

一日の中で、食事と食事の間が8時間空けられるのは
「夜」しかありませんよね。

 

夕食から翌朝のご飯まで、8時間食べない!

意識して、トライしてみてください。

もちろん、水、お白湯などは飲んでOKです^^

 

スケジュール的に言うと

大人の場合
おススメなのが、夜の8時までに夕飯を済ませること。

そこから、3時間は、消化の時間です

 

消化する前に寝てしまうと
リラックスした睡眠がとりにくくなります。

しかも、寝ている間にカラダを整えたいのに
消化する方にエネルギーが使われてしまうのでは
もったいないですよね。

 

目標目安は、夜11時には就寝

そうすると朝4時には
十分に空腹時8時間を超えることができます。

 

 

 

お腹の調子を整えるために

翌朝、起きてからすぐにしてほしいことがあります!!

 

 

 

それは・・・

 

コップ1杯の水を飲むことです。

その刺激で、より腸の動きを活発化させることができます。

 

これらの
食事・時間・睡眠・リラックスのバランス

ぜひ、覚えて、実践してみてくださいね。

 

 

 

お子さんの場合は・・・

もちろん、同じ方法で良いのですが、これらに追加して

寝る前に学習する時間(寝る前に学習するのにおススメの教科があります!)、
就寝時間、翌朝の食事時間、学習開始時間などを考慮して
スケジュールを組むことが、とても大事です。

私立女子校 東洋英和女学院小学部

実は、入試などの大事な日に
最高のパフォーマンスを発揮するためには

「時間」「食事」「睡眠」の計算・スケジュールが不可欠なんです!!!

 

 

翌日の試験開始時間から逆算して、睡眠時間、起床時間、朝食時間を決める
より脳が活性化した状態で、試験を受けられるんですよ。

もちろん、朝食メニュー、夕食メニューも大事なポイントです。

 

これらのこと
詳しくは、

試験当日に最高のパフォーマンスを発揮するための食事

「受験フード講座」で、個別にお伝えしています。

受験フード講座

あっという間に残席2名様

今回のみスタート記念として
キャンペーン価格で承り中ですので、ご興味ある方、お早めにお申込みください。

お申込み・詳細は、こちらから。

 

 

 

その他、受験食・勝負食におススメの食材は
また、ご紹介しますね^

 

 

今日もお読みくださり、ありがとうございました。

_______________________

〇子育てを頑張っているお母様のための
小学校・中学受験サポートをしているお母様のための
「子どもを伸ばすコツがわかる!
 ママのためのハッピー忘年会」
12月8日(金)11:00~13:00@品川 残席2名様

がんばっているお母様のためのランチ・忘年会

〇中学受験・小学校受験合格を目指し
頑張っているお子様を支えるお母様へ
試験当日に最高のパフォーマンスを発揮するための食事
「受験フード講座」
残席2名様
受験フード講座

〇個別相談
小学校受験・中学受験を控えている
考えているお母様のための個別相談

受験に関する個別相談承ります

〇【合格サポート】無料メール講座
「小学校受験をサポ―トするお母様へ
これだけは知っておいてほしい7つのこと」

〇小学校受験ママのための子育てサポート講座
4ヶ月 個別プログラム
小学校受験ママのための子育てサポート講座